下町散歩:浅草寺の縁結びの神さまをお参りする(東京・台東区)

浅草寺の久米平内堂(東京・台東区) 神さまと仏さま
浅草寺の久米平内堂(東京・台東区)

浅草の縁結びの神さまといえば、今戸神社のイザナギとイザナミが有名です。日本の神話によると、イザナギとイザナミは最初の夫婦の神さまです。この 2 柱の神さまはたくさんの神さまを産みました。そのため、人びとはイザナギとイザナミを夫婦円満や縁結びの神さまとして信仰しています。

浅草には、イザナギやイザナミ以外の縁結びの神さまを祀っているところがあります。それが浅草寺にある久米平内堂(くめ の へいない どう)です。この小さなお堂は、江戸時代の前期(17 世紀)に実在した武士である、久米平内(くめ の へいない)を祀っています。

この記事では、久米平内堂の場所、久米平内の人となり、彼が縁結びの神さまになったいきさつをご紹介します。

なお、浅草寺についてくわしく知りたい場合は、次の記事をお読みください。

久米平内について

浅草寺によると、久米平内は江戸時代の前期に実在した武士・剣術家です(1616 年から 1683年)。

剣術の達人であった久米平内は、江戸で剣術を教えていました。彼は自分の腕を試すために千人斬りを行いました。そのため、彼は多くの人を犠牲にしたのです。

晩年、久米平内は自らの行いを深く反省しました。犠牲者を供養するため、彼は浅草寺の金剛院で禅の修行に打ち込みました。

臨終の際、久米平内は自身の姿を石に刻むように願いました。そして、その石像を宝蔵門(仁王門)の近くに埋めてもらいました。たくさんの人びとにその石像を踏みつけてもらうことで、彼は死後も自身の罪を償おうとしたのです。

現在、久米平内の石像は久米平内堂に納められています。

久米平内が縁結びの神さまになった理由

久米平内が縁結びの神さまとなったのは、江戸時代の中期です。

久米平内は自身の石像をたくさんの人びとに踏みつけて欲しいと願いました。江戸時代の人びとは、この「踏みつける」を「文つける(文をつける)」と語呂合わせをしたのです。

「文をつける」を現在の言葉にすると「好きな人に手紙を送る」ということです。そのため、人びとは久米平内を縁結びの神さまとして信仰するようになりました。

久米平内堂の場所

久米平内堂は、宝蔵門(仁王門)の手前の右側にあります。

雷門をくぐると仲見世通りがあります。その仲見世通りを過ぎたところに宝蔵門があります。久米平内堂は、その宝蔵門の手前の右側です。

参考

浅草寺には、他にも縁結びのご神徳(ご利益)がある神さまが祀られています。それが淡島堂の淡島明神です。この淡島明神は、女性を守護する神さまとして有名です。

淡島堂の淡島明神についてくわしく知りたい場合は、次の記事をお読みください。

タイトルとURLをコピーしました