東京下町めぐり:浅草御蔵ゆかりの地を訪れる

第六天榊神社(東京・台東区) 東京下町めぐり
第六天榊神社(東京・台東区)

東京下町めぐり は、東京の下町観光のおすすめを紹介するシリーズです。 毎回テーマを選び、ガイドなしでも気軽に楽しめるツアーの一例を提案します。

あなたが東京を観光で訪れる場合、東京下町めぐりをぜひお読みください。 あなたの東京観光のお役にたつでしょう。

今回のテーマは 浅草御蔵(あさくさ おくら)です。浅草御蔵は、かつて隅田川沿いに存在した徳川幕府最大の米蔵です。また、浅草御蔵は 蔵前 の地名の由来にもなりました。

このブログ記事では、浅草御蔵ゆかりの地を数多く取り上げています。あなたが東京下町めぐりをする際、それらすべてを訪れてもいいですし、それらの中から選択してもいいでしょう。

なお、この記事は英語版もあります。詳細については、つぎの記事を参照してください。

ツアーの概要

引用元:国立国会図書館の「江戸切絵図(浅草御蔵前辺図)」

今回の東京下町めぐりでは、かつて隅田川沿いにあった浅草御蔵を取り上げます。浅草御蔵は徳川幕府の最大の米蔵でした。また、浅草御蔵は蔵前の地名の由来にもなりました。

以下のいずれかに該当する場合、今回の東京下町めぐりはおすすめです。

  • 浅草地区で浅草寺以外の場所にも行ってみたい
  • 隅田川沿いを散策したい
  • 浅草や蔵前を題材にした浮世絵を鑑賞したい
  • 馬が好き
  • 動物を守護する仏さまを参拝したい
  • 美容の神さまを参拝したい
  • その他

時間の目安

  • 時間の目安:約 1 時間

集合場所と解散場所

  • 集合場所:東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅(正面口改札)
  • 解散場所:銀座線の田原町駅

訪問場所の一覧

今回は、隅田川にかかる橋を 4 つ訪れています。しかし、隅田川は橋と橋の間隔が狭いため、それほど距離はありません。

  1. 東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅(正面改札口)
  2. 吾妻橋
  3. 隅田川テラス
    • 駒形橋
    • 駒形堂
    • 厩橋
    • 蔵前橋
  4. 第六天榊神社
  5. 南めぐりんの柳橋分院入口 停留所
  6. 南めぐりんの浅草菊水通り 停留所
  7. 銀座線の田原町駅

公衆トイレの場所

  • 東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅
  • 吾妻橋(水上バス乗り場の裏)
  • 駒形橋
  • 厩橋
  • 御蔵前公園(第六天榊神社の裏)
  • 柳橋二丁目交番裏 公衆トイレ(第六天榊神社の右斜前)
  • 田原町交番裏 公衆トイレ(南めぐりんの浅草菊水通り 停留所の側)
  • その他

ツアーの詳細

ルートの解説

東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅(正面出口)

東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)浅草駅(東京・台東区)
東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅(東京・台東区)

今回の集合場所は、東武伊勢崎線(東京スカイツリー ライン)の浅草駅(正面出口)です。

この出口は、銀座線や浅草線の浅草駅からも地下通路で繋がっています。そのため、銀座線や浅草線でこの場所に来ることもできます。

浅草駅(正面出口)を背にしたら、左前方に進みます。横断歩道を渡り、交番の横を通り過ぎると 吾妻橋(あづまばし)に着きます。吾妻橋は、浅草駅から 1 分くらいの距離です。

吾妻橋

吾妻橋(東京・台東区)
吾妻橋(東京・台東区)

吾妻橋(あづまばし)は、隅田川にかかる、台東区と墨田区を結ぶ橋です。

吾妻橋の台東区側は、おすすめの撮影スポットです。東京スカイツリー、アサヒビール本社ビル、聖火台の炎(金色のオブジェ)などを撮影することができます。

吾妻橋の隣には水上バス乗り場があるため、水上バスを写真に収めることができます。それ以外にも、時間帯によっては、屋形船を一緒に写すこともできます。

隅田川テラス

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

吾妻橋の横にある階段を使って 隅田川テラス に下ります。隅田川テラスは歩行者専用の遊歩道です。舗装されており、かつ段差もないため、すべての人におすすめです。

東京スカイツリー
隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

隅田川テラスからも 東京スカイツリー がよく見えます。隅田川テラスは人が少ないため、落ち着いて写真を撮影することができます。

駒形橋

隅田川テラスを吾妻橋から下流へ 5 分ほど歩くと、駒形橋(こまがたばし)に到着します。駒形橋の名前の由来は、この橋の西詰にある 駒形堂(こまがたどう)です。

駒形橋の手前には、隅田川テラスから駒形橋に続く階段があります。この階段を上った所に駒形堂と公衆トイレがあります。

駒形堂
浅草寺 駒形堂(東京・台東区)
浅草寺の駒形堂(東京・台東区)

駒形堂(こまがたどう)は 浅草寺(せんそうじ)の仏堂です。浅草寺は、この場所を「浅草寺発祥の地」としています。

浅草寺と 浅草神社 の始まりは、2 人の漁師の兄弟が隅田川で 聖観音菩薩(しょう かんのん ぼさつ)の像を拾い上げたことです。兄弟が像を見つけたのがこの場所といわれています。

駒形堂は、馬頭観音菩薩(ばとう かんのん ぼさつ)を祀っています。この仏さまの主なご利益は、動物守護(特に馬)、旅行安全、無病息災、その他です。

駒形堂の近くには、浅草御蔵の米を運ぶ馬のための厩(うまや)がありました。駒形堂の本尊が馬頭観音菩薩なのは、このことが関連しているのかもしれません。

浅草寺の詳細については、つぎの記事を参照してください。

駒形橋の碑と御柱
駒形橋碑と御柱(東京・台東区)
駒形橋碑と御柱(東京・台東区)

駒形堂から見て浅草通りの反対側には、駒形橋の碑があります。この碑には、駒形橋の由来が書かれています。

駒形橋の碑の隣には、「御柱」という題のオブジェがあります。このオブジェには、「作者:安達 裕」と「1987 年度(昭和 62 年度)東京都文化のデザイン事業」の説明がありました。

上の写真では分かりづらいのですが、鎖をつなぐポールには、馬がデザインされています。

厩橋(うまやばし)

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

駒形橋から厩橋(うまやばし)まで再び隅田川テラスを歩きます。駒形橋から厩橋までは徒歩 3 分ほどです。

厩橋の名前の由来は、江戸時代にこの界隈に厩(うまや)があったためです。この厩では、浅草御蔵の米を運ぶための馬を飼っていました。

厩橋の公衆トイレ
厩橋際公衆トイレ(東京・台東区)
厩橋の公衆トイレ(東京・台東区)

厩橋の西詰には、おもしろいデザインの公衆トイレがあります。4 つの顔がデザインされており、思わず写真に収めたくなります。

この公衆トイレは、1992 年度(平成 4 年度)の「台東区まちかど景観コンクール」で「まちかど賞」を受賞しています。

厩橋の街灯
厩橋 街灯(東京・台東区)
厩橋の街灯(東京・台東区)

厩橋は、いろいろなものに馬のデザインを取り入れています。厩橋を訪れた際、馬のデザインを探してみるのも面白いかもしれません。

蔵前橋

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

厩橋から 蔵前橋 まで再び隅田川テラスを歩きます。厩橋から蔵前橋までは徒歩 3 分ほどです。また、江戸時代の地図によると、浅草御蔵があったのはこの辺りになります。

浮世絵の展示物
隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

厩橋を過ぎたあたりから 葛飾北斎(かつしか ほくさい)や 歌川広重(うたがわ ひろしげ)の浮世絵をモチーフにした展示物があちらこちらにあります。

これらの浮世絵には、江戸時代にこの界隈で暮らしていた人びとが描かれています。当時の文化や生活の様子を知ることができます。

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)
浅草御蔵の跡碑
浅草御蔵の跡碑(東京・台東区)
浅草御蔵の跡碑(東京・台東区)

蔵前橋の西詰には、浅草御蔵の跡碑 があります。説明板には、この辺りの一帯に浅草御蔵があったことが記述されています。

首尾の松の石碑
首尾松と蔵前橋碑文(東京・台東区)
首尾松と蔵前橋碑文(東京・台東区)

道路を挟んで浅草御蔵の跡碑の反対側には、首尾の松(しゅびのまつ)の石碑があります。

首尾の松は浅草御蔵の中央の隅田川沿いにあった松の木です。説明板によると、具体的な場所は蔵前橋よりも 100 メートルほど下流とのことです。

引用元:国立国会図書館の「江戸切絵図(浅草御蔵前辺図)」

首尾の松の名前の由来はいろいろとあります。その 1 つが新吉原に関連するものです。

江戸時代、人びとが新吉原に行く際、舟に乗って隅田川と山谷堀を移動していました。当時は、それが粋とされていました。新吉原からの帰る際、人びとは首尾の松のあたりで遊女との首尾(成果)を語り合ったとのことです。

新吉原の詳細については、つぎの記事を参照してください。

階段(名称不明)

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

蔵前橋から隅田川テラスをさらに下流に歩くと階段があります。榊神社(さかき じんじゃ)に行く場合、この階段が便利です。

ちなみに、この場所からは隅田川の向こう側(墨田区側)に 両国国技館 の黄色と緑の屋根が見えます。浅草から両国は歩いても行くことができる距離です。

隅田川テラス(東京・台東区)
隅田川テラス(東京・台東区)

階段を上ったら、そのまま道なりに進みます。そして、突き当りを右に曲がります。そのまま 3 分ほど歩くと第六天榊神社に着きます。

蔵前(東京・台東区)
蔵前の路地(東京・台東区)

第六天榊神社

第六天榊神社(東京・台東区)
第六天榊神社(東京・台東区)

第六天榊神社(だいろくてん さかき じんじゃ)は、隅田川テラスから徒歩 3 分ほどの場所にあります。

第六天榊神社は、1,900 年以上の歴史を誇る、とても古い神社です。江戸時代、この神社は浅草御蔵の総鎮守でした。そのため、徳川幕府はこの神社をとても大切にしていました。

第六天榊神社は、面足尊(おもだる の みこと)と 惶根尊(かしこね の みこと)を祀っています。この 2 柱のは、どちらも見た目がとても美しい神さまです。そのため、昔の人びとは、この神さまたちをお参りすれば自分も美しくなれると考えました。

榊神社の詳細については、つぎの記事を参照してください。

南めぐりんの柳橋分院入口 停留所

南めぐりん 柳橋分院入口 停留所(東京・台東区)
南めぐりん 柳橋分院入口 停留所(東京・台東区)

第六天榊神社で参拝をしたら、めぐりんバスで浅草まで帰ります。最寄りの停留所は、南めぐりんの 柳橋分院入口 停留所(停留所の番号:11 番)です。

柳橋分院入口 停留所は、隅田川テラスから第六天榊神社に向かう途中にあります。この停留所は、浅草中学校の校門の近くにあります(道路の反対側です)。

南めぐりんの浅草菊水通り 停留所

南めぐりん(東京・台東区)
南めぐりん(東京・台東区)

今回は 浅草菊水通り 停留所(停留所の番号:18 番)でめぐりんバスを降ります。柳橋分院入口 停留所からは 15 分ほどです。

この停留所は、つぎの駅が徒歩圏内です。

  • 銀座線の田原町(徒歩 2 分)
  • 銀座線の浅草駅(徒歩 7 分)
  • 浅草線の浅草駅(徒歩 7 分)
  • 東武伊勢崎線(東武スカイツリー ライン)の浅草駅(徒歩 10 分)
  • つくばエクスプレス線の浅草駅(徒歩 5 分)

時間はあくまでも目安です。人混みが多い場合、もっと時間がかかるかもしれません。

銀座線の田原町駅

とりあえず今回の解散場所は田原町駅としました。あなたの時間が許す場合、かっぱ橋道具街や浅草寺に寄るのもよいかもしれません。

田原町駅からかっぱ橋道具街へ行く方法については、つぎの記事を参照してください。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました