下谷七福神(東京・台東区)

飛不動尊 正宝院(東京・台東区) 訪れる
飛不動尊 正宝院(東京・台東区)

東京の台東区には、七福神を祀る神社と寺院がたくさんあります。その中に「下谷七福神(したや しちふくじん)」と呼ばれるものがあります。

下谷七福神は、台東区の下谷、根岸、三ノ輪にある 7 つの神社と寺院に祀られている七福神です。この下谷七福神は昭和 52 年(1977 年)に始まりました。

この記事では、下谷七福神に関するさまざまな情報を紹介します。下谷七福神に含まれる神社と寺院、その概要、そしておすすめのコースなどのお役立ち情報をご紹介します。下谷七福神めぐりをする際の参考にしてください。

下谷七福神とは

下谷七福神は、つぎの神社や寺院に祀られている七福神のことです。

  • 英信寺(えいしんじ)の大黒天(だいこくてん)
  • 寿永寺(じゅえいじ)の布袋尊(ほていそん)
  • 飛不動尊(とびふどうそん)正宝院(しょうぼういん)の恵比寿天(えびすてん)
  • 入谷鬼子母神(いりや きしもじん)真源寺(しんげんじ)の福禄寿(ふくろくじゅ)
  • 弁天院(べんてんいん)の弁財天(べんざいてん)
  • 法昌寺(ほうしょうじ)の毘沙門天(びしゃもんてん)
  • 元三島神社(もとみしま じんじゃ)の寿老人(じゅろうじん)

下谷七福神めぐりの期間

各社寺の共通の対応は、つぎのとおりです。

  • 開帳期間:毎年 1 月 1 日から 1 月 7 日まで
  • ご朱印の受付期間:1 月 1 日から 1 月 15 日まで(時間は午前 8 時から午後 5 時まで)

1 月 16 日以降の対応は、それぞれの社寺ごとに異なります。

授与品(縁起物)

下谷七福神めぐりでは、専用の色紙が 3 種類あります。色紙の種類により、色紙の代金とご朱印の代金が異なります。詳細については、正宝院のサイトを参照してください。

朱印

下谷七福神と神社・寺院

英信寺の大黒天

英信寺(東京・台東区)
英信寺(東京・台東区)

英信寺は、台東区の下谷にある、浄土宗の寺院です。英信寺の七福神は大黒天です。大黒天は、食物と福徳(幸運と財産)の神さまです。

英信寺の大黒天は 3 つの顔を持っています。そのため、三面大黒天(さんめん だいこくてん)と呼ばれます。三面大黒天の 3 つの顔は、大黒天、毘沙門天、そして弁財天を表しています。

英信寺の詳細については、つぎの記事を参照してください。

寿永寺の布袋尊

寿永寺は、台東区の三ノ輪にある、浄土宗の寺院です。寿永寺の七福神は布袋尊です。布袋尊は、子宝と夫婦円満の神さまです。

この寺院は、徳川幕府の第 2 代将軍の徳川 秀忠(とくがわ ひでただ)を弔うために建てられました。

寿永寺の詳細については、つぎの記事を参照してください。

正宝院(飛不動尊)の恵比寿天

飛不動尊 正宝院(東京・台東区)
飛不動尊 正宝院(東京・台東区)

正宝院は、台東区の竜泉にある、天台宗の寺院です。正宝院の七福神は恵比寿天です。恵比寿天は、商売繁盛の神さまです。

正宝院の詳細については、つぎの記事を参照してください。

真源寺(入谷鬼子母神)の福禄寿

入谷鬼子母神 真源寺(東京・台東区)
入谷鬼子母神 真源寺(東京・台東区)

真源寺は、台東区の入谷にある、法華宗の寺院です。真源寺の七福神は福禄寿です。福禄寿は、安産、子宝、金運、および、長寿の神さまです。

真源寺の詳細については、つぎの記事を参照してください。

弁天院の弁財天

弁天院(東京・台東区)
弁天院(東京・台東区)

弁天院は、台東区の竜泉にある、曹洞宗の寺院です。弁天院の七福神は弁財天です。弁財天は、芸事と金運の神さまです。

弁天院の弁財天と不忍池弁天堂(しのばずのいけ べんてんどう)の弁財天は、姉妹弁天(しまい べんてん)と呼ばれています。

弁天院の詳細については、つぎの記事を参照してください。

法昌寺の毘沙門天

法昌寺(東京・台東区)
法昌寺(東京・台東区)

法昌寺は、台東区の下谷にある、法華宗の寺院です。法昌寺の七福神は毘沙門天です。毘沙門天は、勝負運の神さまです。

法昌寺の詳細については、つぎの記事を参照してください。

元三島神社の寿老人

元三島神社(東京・台東区)
元三島神社(東京・台東区)

元三島神社は、台東区の根岸にある神社です。元三島神社の七福神は寿老人です。寿老人は、長寿の神さまです。

元三島神社の詳細については、つぎの記事を参照してください。

おすすめのルート(徒歩)

下谷七福神の位置関係は、つぎのとおりです。下谷七福神は、それぞれの社寺の距離が近いことが特徴です。すべてを徒歩でめぐっても 1 時間から 1 時間 30 分くらいです。

徒歩で入谷七福神めぐりをする例は、つぎのとおりです(JR 線の鶯谷駅から出発する場合)。

徒歩で入谷七福神めぐりをする場合の例
  • 出発地点
    JR 線の鶯谷駅(北口)
  • 七福神 #1
    元三島神社(寿老神)
  • 七福神 #2
    入谷鬼子母神 真源寺(福禄寿)
  • 七福神 #3
    英信寺(大黒天)
  • 七福神 #4
    法昌寺(毘沙門天)
  • 七福神 #5
    弁天院(弁財天)
  • 七福神 #6
    飛不動尊 正宝院(恵比寿天)
  • 七福神 #7
    寿永寺(布袋尊)
  • 最終地点
    日比谷線の三ノ輪駅(1b 出口)

おすすめのルート(めぐりんバス)

下谷七福神めぐりをする場合、めぐりんバスを使うこともできます。バスの待ち時間を考慮すると、歩いた方が早いかもしれません。

めぐりんバスは、台東区のコミュニティ バスです。2022 年 7 月の時点では、めぐりんバスには 6 つの路線があります。これらを活用することで、台東区のいろいろな場所に行くことができます。

めぐりんバスの乗車料金は、とても手ごろです。1 回あたりの乗車料金は 100 円です。1日乗り放題の一日乗車券も用意されており、こちらは 300 円です。一日乗車券はバス車内で買うことができます(支払いは現金のみ)。

めぐりんバスの詳細については、つぎの記事を参照してください。

めぐりんバスに乗って下谷七福神めぐりをする場合、北めぐりん(根岸まわり)が便利です。北めぐりん(根岸まわり)で入谷七福神めぐりをする例は、つぎのとおりです(日比谷線の三ノ輪駅から出発する場合)。

北めぐりん(根岸まわり)で入谷七福神めぐりをする場合の例
  • 出発地点
    日比谷線の三ノ輪駅(1b 出口)
  • 七福神 #1
    寿永寺(布袋尊)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の三ノ輪駅 停留所(停留所の番号:5 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の一葉記念館入り口 停留所(停留所の番号:6 番)
  • 七福神 #2
    飛不動尊 正宝院(恵比寿天)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の一葉記念館入り口 停留所(停留所の番号:6 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の竜泉一丁目 停留所(停留所の番号:7 番)
  • 七福神 #3
    弁天院(弁財天)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の竜泉一丁目 停留所(停留所の番号:7 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の根岸三丁目 停留所(停留所の番号:11 番)
  • 七福神 #4
    法昌寺(毘沙門天)
  • 七福神 #5
    英信寺(大黒天)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の根岸三丁目 停留所(停留所の番号:11 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の鶯谷駅北 停留所(停留所の番号:14 番)
  • 七福神 #6
    元三島神社(寿老神)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の鶯谷駅北 停留所(停留所の番号:14 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の鶯谷駅南 停留所(停留所の番号:15 番)
  • 七福神 #7
    入谷鬼子母神 真源寺(福禄寿)
  • 乗車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の鶯谷駅南 停留所(停留所の番号:15 番)
  • 下車場所
    北めぐりん(根岸まわり)の三ノ輪駅 停留所(停留所の番号:5 番)
  • 最終地点
    日比谷線の三ノ輪駅(1b 出口)

入谷七福神めぐりを JR 線の鶯谷駅から始めたい場合、上記のルートの元三島神社から始めます。

参考(外部サイト)

下谷七福神めぐり

関連記事

タイトルとURLをコピーしました