台東区のバス「ぐるーりめぐりん」で東京の下町を楽しむ

めぐりんバス(東京・台東区) めぐりん
めぐりんバス(東京・台東区)

「めぐりん」は、東京の台東区が運営するコミュニティ バスです。東京の下町を楽しみたい人にとって、この「めぐりん」はとても便利です。

「ぐるーりめぐりん」は、その「めぐりん」の路線のひとつです。上野駅の入谷口を出発した後、台東区の全域を右回りにまわり、最後に上野駅の入谷口に戻ってきます。

この記事では、「ぐるーりめぐりん」に関するさまざまな情報を紹介します。停留所、見どころ、他の「めぐりん」と乗り継ぎができる停留所など、知っておいて損はない情報ばかりです。

あなたが台東区に訪れるときの参考にしてください。

なお、「めぐりん」を使って浅草名所七福神めぐりをする場合、次の記事をお読みください。

特徴

「めぐりん」の特徴

めぐりんバスの特徴は、次のとおりです。

  • 毎日運行しています。
  • 乗るときは前のドアを、降りるときは後ろのドアを使います。
  • 料金は乗車ごとに 100 円です。子ども料金やシニア料金はありません。
  • 料金の支払いに千円札も使えます。しかし、五千円札や一万円札は使うことができません。
  • 100 円の料金を払うとき、交通系 IC カード(Suica や PASMO など)を使うことができます。
  • 一日乗車券を使うと、すべてのめぐりんバスが 1 日乗り放題になります。
  • 一日乗車券はバス車内で買うことができます。料金は 300 円です。ただし、支払いは現金のみです。交通系 IC カードは使うことができません。
  • 一日乗車券を提示すると入館料が割り引きになる施設があります。

「めぐりん」についてもっと知りたい場合、次の記事をお読みください。

「ぐるーりめぐりん」の特徴

「ぐるーりめぐりん」の特徴は、次のとおりです。

  • 上野駅の入谷口を出発した後、台東区の全域を右回りにまわり、最後に上野駅の入谷口に戻ってきます。
  • 20 分ごとに運行しています。
  • 80 分で 1 周します。

区立文化施設割引サービス

「めぐりん」の一日乗車券を見せると、入館料が割り引き(団体料金)になる施設があります。ただし、一日乗車券 1 枚につき 1 名、かつ一日乗車券を買った日のみ有効です。

「ぐるーりめぐりん」の場合、入館料が割り引きになる施設は、次のとおりです。

  • 一葉記念館:最寄りの停留所は 一葉記念館 停留所(停留所の番号:5 番)

「ぐるーりめぐりん」から他の「めぐりん」への乗り継ぎ

「ぐるーりめぐりん」の次の停留所では、他の路線の「めぐりん」に乗り継ぐことができます。

  • 上野駅入谷口 停留所(停留所の番号:1 番):「東西めぐりん」
  • 上野郵便局 停留所(停留所の番号:2 番):「東西めぐりん」
  • 浅草駅 停留所(停留所の番号:17 番)「北めぐりん(浅草まわり)」
  • 浅草駅 停留所(停留所の番号:17 番):「東西めぐりん」無料乗継
  • 新御徒町駅 停留所(停留所の番号:29 番):「東西めぐりん」
  • 永寿総合病院東 停留所(停留所の番号:30 番):「東西めぐりん」
  • 台東区役所 停留所(停留所の番号:31 番):「東西めぐりん」無料乗継

上記で 無料乗継 マークがついている停留所は、無料で乗り換えることができます。「ぐるーりめぐりん」に乗ったら、乗務員から乗換券をもらいます。そして、乗り換える「めぐりん」の乗務員にその乗換券を渡します。なお、乗換券を使えるのは、もらった日のみです。

なお、道路を渡っていいのであれば、他にも乗り継げる停留所があります。しかし、いずれも無料で乗り換えることはできません。くわしく知りたい場合は、次の「停留所と見どころ」をお読みください。

停留所(乗り場)と見どころ

「ぐるーりめぐりん」の停留所の番号、停留所の名前、ならびに主な見どころは、次のとおりです。

「ぐるーりめぐりん」の停留所と見どころ

時刻表

台東区循環バス「めぐりん」好評運行中!|京成バス
タイトルとURLをコピーしました