台東区のバス「めぐりん」で浅草の七福神を楽しむ(東京・台東区と荒川区)

橋場不動尊(東京・台東区) めぐりん
橋場不動尊(東京・台東区)

東京の台東区には七福神を祀っている社寺がいくつもあります。その中でも「浅草名所七福神(あさくさ などころ しちふくじん)」は、有名です。

「浅草名所七福神」は、浅草地区の 9 つの社寺にある七福神のことです。これら七福神を訪れることも、浅草の楽しみ方のひとつです。

「浅草名所七福神」を訪れる場合、台東区のコミュニティ バスの「めぐりん」が便利です。「めぐりん」に乗のれば、すべての「浅草名所七福神」に行くことができます。

この記事では、「めぐりん」に乗って「浅草名所七福神」をめぐる方法をわかりやすく説明します。

「浅草名所七福神」とは

「浅草名所七福神」は、東京の台東区と荒川区の 9 つの社寺にある七福神です。七福神は、私たちに幸せを分けてくれる有名な神さまです。

「浅草名所七福神」を祀る社寺は、次のとおりです。

  • 大黒天 : 浅草寺
  • 恵比寿 : 浅草神社
  • 弁財天 : 吉原神社
  • 毘沙門天 : 待乳山聖天
  • 布袋尊 : 橋場不動尊
  • 寿老神 : 石浜神社と鷲神社
  • 福禄寿 : 矢先稲荷神社と今戸神社

「浅草名所七福神」についてくわしく知りたい場合は、次の記事をお読みください。

「めぐりん」とは

「めぐりん」は、東京の台東区が運営するコミュニティ バスです。この「めぐりん」に乗れば、台東区のいろいろな場所に行くことができます。

「浅草名所七福神」を訪れる場合、「めぐりん」はとても便利です。その理由は、いくつかあります。

まず、すべての「浅草名所七福神」は、近くに「めぐりん」のバス停があります。したがって、それほど歩かなくても「浅草名所七福神めぐり」を楽しむことができます。

次に、「めぐりん」の乗車料金はとても格安です。1 回の乗車あたり 100 円です。また、一日乗車券もあり、こちらの料金は 300 円です。一日乗車券は「めぐりん」の車内で買うことができます。

「めぐりん」には、次の路線があります。

  • 南めぐりん
  • 北めぐりん(浅草まわり)
  • 北めぐりん(根岸まわり)
  • 東西めぐりん(上野公園まわり)
  • 東西めぐりん(鶯谷駅まわり)
  • ぐるーりめぐりん

「浅草名所七福神」を訪れる場合、「北めぐりん(浅草わまり)」が便利です。矢先稲荷神社以外の社寺に行くことができるからです。矢先稲荷神社に行く場合、「東西めぐりん」か「南めぐりん」を使います。

「めぐりん」についてくわしく知りたい場合は、次の記事をお読みください。

おすすめの行き方

「めぐりん」に乗って「浅草名所七福神」を訪れる場合、いろいろな行き方があります。今回は、次の順に回るコースを紹介します。使うのは、「東西めぐりん」と「北めぐりん(浅草まわり)」です。

  1. 台東区役所
  2. 矢先稲荷神社
  3. 浅草寺
  4. 浅草神社
  5. 待乳山聖殿
  6. 今戸神社
  7. 橋場不動尊
  8. 石浜神社
  9. 鷲神社
  10. 吉原神社
  11. 浅草駅(または、台東区役所)

台東区役所

ここに行くには

台東区役所は、JR 線、日比谷線、そして浅草線の上野駅から歩いて 5 分の場所にあります。すぐ近くに上野警察署があり、台東区役所はその裏にあります。

次に使う停留所

  • 「東西めぐりん」の停留所「台東区役所(浅草方面)」(停留所の番号:25 番)

台東区役所には、「めぐりん」の停留所が 3 つあります。今回使うバス停は、台東区役所の西にある、「東西めぐりん」の停留所「台東区役所(浅草方面)」です。

この停留所の目の前には、別の「東西めぐりん」のバス停があるので注意します。こちらの「東西めぐりん」は遠回りになります。

備考

「東西めぐりん」に乗ったら、「めぐりん」の一日乗車券を 300 円で買います。これで「めぐりん」が 1 日乗り放題になります。

矢先稲荷神社

ここに行くには

  • 「東西めぐりん」の「松が谷」停留所(停留所の番号:28 番)

矢先稲荷神社に行くには、「東西めぐりん」の「松が谷」停留所で降ります。

バスを降りたら、東に向かって 1 分ほど歩きます(東京スカイツリーが見える方向)。右に「肉のマルタケ」というお店が見えたら、右に曲がります。「肉のマルタケ」から 3 分くらい歩くと矢先稲荷神社があります。

この神社について

矢先稲荷神社は、七福神の「福禄寿」を祀っています。「福禄寿」は、健康や学問の神さまです。「福禄寿」のご神徳 (ご利益) は、次のとおりです。

  • 健康長寿(健康で長生きできる)
  • 財運招福(お金に恵まれる)
  • 家内安全(家族が安全で健康で暮らせる)
  • 招徳人望(人に好かれる)
  • その他

矢先稲荷神社の拝殿の天井には、100 枚の乗馬の絵があります。トム・クルーズ主演のハリウッド映画「ラスト・サムライ」の公式ガイド ブックでもこの天井の絵を紹介しています。

この神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

「浅草名所七福神」の縁起物(色紙や福絵など)にご朱印をもらいたい場合は、この神社で縁起物を買うことができます。

「浅草名所七福神」の縁起物についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「東西めぐりん」の「松が谷」停留所(停留所の番号:28 番)

矢先稲荷神社でお参りした後は、再び「松が谷」停留所で「東西めぐりん」に乗ります。これで次の浅草寺や浅草神社に行くことができます。

この停留所には、「南めぐりん」も停まるので注意します。ただし、間違えて「南めぐりん」に乗っても問題ありません。

「南めぐりん」に乗った場合、「台東病院」停留所(停留所の番号:28 番)でバスを降ります。これで鷲神社や吉原神社に行くことができます。

浅草寺

ここに行くには

  • 「東西めぐりん」の「雷門通り」停留所(停留所の番号:31 番)

浅草寺に行くには、「東西めぐりん」の「雷門通り」停留所で降ります。

バスを降りたら、東に向かって 3 分ほど歩きます(東京スカイツリーが見える方向)。右に雷門が見えたら、そこが浅草寺の入り口です。

「雷門通り」停留所で降りるのを忘れた場合、次のいずれかの停留所でバスを降ります。どちらも浅草寺の近くの停留所です。

  • 「浅草駅」停留所(停留所の番号:32 番)
  • 「雷門前」停留所(停留所の番号:33 番)

この寺について

浅草寺は、七福神の「大黒天」を祀っています。「大黒天」は、金運と仕事運の神さまです。「大黒天」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 商売繁盛(商売がうまくいく)
  • 金運上昇(お金に恵まれる)
  • 五穀豊穣(穀物がたくさん穫れる)
  • 出世開運(仕事がうまくいく)
  • 縁結び(良い相手に出会える)
  • その他

浅草寺の広い境内には、いろいろな見どころがあります。なお、ご朱印をもらいたい場合、本堂の左にある、「影向堂(ようごうどう)」に行きます。

浅草寺は、弁天堂に七福神の「弁財天」も祀っています。しかし、こちらは「浅草名所七福神」には含まれていません。また、この「弁財天」は髪の毛が白いため、「老女弁天」と呼ばれています。

この寺についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • なし

浅草寺でお参りした後は、浅草神社に行きます。浅草神社は、浅草寺の本堂の右にあるので、歩いて行くことができます。

浅草神社

ここに行くには

  • なし

先に浅草寺をお参りした場合、浅草神社には歩いて行くことができます。浅草寺と浅草神社は、同じ敷地内にあります。

この神社について

浅草神社は、七福神の「恵比寿天」を祀っています。「恵比寿天」は、商売繁盛の神さまです。「恵比寿天」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 商売繁盛(商売がうまくいく)
  • その他

浅草神社は、「三社さま」の名前で有名な神社です。毎年行われる三社祭は、200 万人以上の人が訪れています。また、本殿の右には被官稲荷神社があります。こちらもおすすめのスポットです。

これらの神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「二天門」停留所(停留所の番号:23 番)

浅草神社でお参りした後は、「二天門」停留所で「北めぐりん(浅草まわり)」に乗ります。これで次の待乳山聖天に行くことができます。

浅草神社の鳥居を出ると、左に二天門があります。その二天門を通って、まっすぐ歩きます。大きな道路(馬道通り)を渡ると「北めぐりん(浅草まわり)」の「二天門」停留所があります。

浅草神社から次の待乳山聖殿まで歩いて行くこともできます。歩いて 10 分ほどなので、天気が良い日は歩いてもいいでしょう。

待乳山聖天

ここに行くには

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「隅田公園」停留所(停留所の番号:3 番)

待乳山聖天に行くには、「北めぐりん(浅草まわり)」の「隅田公園」停留所で降ります。

バスを降りたら、北に向かって歩きます(東京スカイツリーは右に見えます)。最初の信号を渡ったところが待乳山聖天です。待乳山聖天は、バス停からも見える場所にあります。

この寺について

待乳山聖天は、七福神の「毘沙門天」を祀っています。「毘沙門天」は、勝負運の神さまです。「毘沙門天」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 勝負運上昇(勝負に勝てる)
  • 厄除け(悪いことが起こらない)
  • 商売繁盛(商売がうまくいく)
  • 金運上昇(お金に恵まれる)
  • その他

この寺は、境内のあちこちに大根と巾着袋を飾っています。それらは、この寺院の本尊のご利益をイメージしたものです。

この寺についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「隅田公園」停留所(停留所の番号:3 番)

待乳山聖殿でお参りした後は、再び「隅田公園」停留所で「北めぐりん(浅草まわり)」に乗ります。これで次の今戸神社に行くことができます。

待乳山聖天から今戸神社へは、歩いて 5 分くらいで行くことができます。また、降りる停留所も「リバーサイド スポーツセンター前」(停留所の番号:4 番)なので、歩いたほうが早いでしょう。

待乳山聖天から今戸神社に歩いて行く場合、「隅田公園」停留所の通りを北に歩きます(東京スカイツリーは右に見えます)。2 分くらい歩くと道路が 2 つに別れているので、左の道を進みます。そのまま 3 分ほど歩くと、左に今戸神社があります。

今戸神社

ここに行くには

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「リバーサイド スポーツセンター前」停留所(停留所の番号:4 番)

今戸神社に行くには、「北めぐりん(浅草まわり)」の「リバーサイド スポーツセンター前」停留所で降ります。

バスを降りたら、北に向かって歩きます。1 分くらい歩くと、今戸神社が左にあります。

この神社について

今戸神社では、七福神の「福禄寿」を祀っています。「福禄寿」は、健康や学問の神さまです。「福禄寿」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 健康長寿(健康で長生きできる)
  • 財運招福(お金に恵まれる)
  • 家内安全(家族が安全で健康で暮らせる)
  • 招徳人望(人に好かれる)
  • その他

今戸神社は、「縁結び(良い相手に出会える)」でとても有名です。そのため、恋人が欲しい人たちに人気の神社です。また、この神社は猫神社としても有名です。境内には、たくさんの招き猫が飾られています。

この神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「リバーサイド スポーツセンター前」停留所(停留所の番号:4 番)

今戸神社でお参りした後は、再び「リバーサイド スポーツセンター前」停留所で「北めぐりん(浅草まわり)」に乗ります。これで次の橋場不動尊に行くことができます。

橋場不動尊

ここに行くには

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「橋場一丁目」停留所(停留所の番号:8 番)

橋場不動尊に行くには、「北めぐりん(浅草まわり)」の「橋場一丁目」停留所で降ります。

バスを降りたら、東に 3 分ほど歩きます(停留所の前にある「スーパーやおうめ」は左に見えます)。突き当りを左に曲がります。3 分ほど歩くと、左にコンビニエンス ストアの「ローソン」があります。橋場不動尊は、そのすぐ先の左にあります。

この寺について

橋場不動尊は、七福神の「布袋尊」を祀っています。「布袋尊」は、子宝や夫婦円満の神さまです。「布袋尊」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 夫婦円満(夫婦が仲良く過ごせる)
  • 子授け(子どもに恵まれる)
  • 無病息災(健康で暮らせる)
  • 商売繁盛(商売がうまくいく)
  • その他

東京は、関東大震災や東京大空襲などで火事になりました。しかし、橋場不動尊のあたりはそれら火事の被害を受けませんでした。そのため、地元の人は、橋場不動尊を「火伏せの橋場不動」と呼んでいます。

この寺についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • なし

橋場不動尊から次の石浜神社までは、歩いて行くことができます。

石浜神社

ここに行くには

  • なし

橋場不動尊から石浜神社へは、歩いて行くことができます。橋場不動尊の前の通りを北に歩くと、大きな交差点(白鬚橋西詰)があります。交差点を渡ると公園(石浜城跡公園)があり、石浜神社はその公園の奥にあります。

この神社について

石浜神社では、七福神の「寿老人」を祀っています。「寿老神」は、長寿の神さまです。「寿老人」のご神徳 (ご利益) は、次のとおりです。

  • 健康長寿(健康で長生きできる)
  • 家庭円満(家族が仲良く暮らせる)
  • 知恵授け(賢くなれる)
  • その他

石浜神社は、荒川区で一番古い神社です。この神社は 1,300 年の歴史があり、いろいろな神さまを祀っています。また、境内には「石濱茶寮〜楽〜」という、茶屋があります。休憩や食事する場合におすすめです。

この神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「橋場一丁目」停留所(停留所の番号:8 番)

石浜神社でお参りした後は、「北めぐりん(浅草まわり)」の「橋場一丁目」停留所に戻ります。石浜神社から歩いた場合、10 分くらいです。ここから次の鷲神社に行くことができます。

鷲神社

ここに行くには

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「一葉記念会館入り口」停留所(停留所の番号:15 番)
  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「千束三丁目」停留所(停留所の番号:16 番)

「一葉記念会館入り口」停留所で降りた場合、そのまま国際通りを南に歩きます(バスが進む方向です)。3 分くらい歩くと、左に鷲神社があります。

「千束三丁目」停留所で降りた場合、国際通りに向かって歩きます(バスが来た方向)。国際通りを右に曲がって 2 分くらい歩くと、鷲神社が右にあります。

この神社について

鷲神社では、七福神の「寿老人」を祀っています。「寿老神」は、長寿の神さまです。「寿老人」のご神徳(ご利益)は、次のとおりです。

  • 健康長寿(健康で長生きできる)
  • 家庭円満(家族が仲良く暮らせる)
  • 知恵授け(賢くなれる)
  • その他

鷲神社は、「商売繁盛(商売がうまくいく)」で有名な神社です。この神社が行う「浅草酉の市」には、毎年、70 万人から 80 万人の人が「商売繁盛」をお祈りしています。

この神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「一葉記念会館入り口」停留所(停留所の番号:15 番)
  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「千束三丁目」停留所(停留所の番号:16 番)

鷲神社から次の吉原神社へは、歩いて 5 分くらいです。また、降りる停留所も「台東病院」(停留所の番号:17 番)なので、歩いたほうが早いでしょう。

吉原神社

ここに行くには

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「台東病院」停留所(停留所の番号:17 番)

吉原神社に行くには、「北めぐりん(浅草まわり)」の「台東病院」停留所で降ります。この停留所は、台東病院の中にあります。台東病院を出たら、左に曲がります。1 分ほど歩くと左に吉原神社があります。

この神社について

吉原神社は、七福神の「弁財天」を祀っています。「弁財天」は、芸事や金運の神さまです。「弁財天」のご神徳 (ご利益) は、次のとおりです。

  • 家庭円満(家族が仲良く暮らせる)
  • 商売繁盛(商売がうまくいく)
  • 縁結び(良い相手に出会える)
  • 芸事上達(音楽、芸術、芸能がうまくなる)
  • その他

かつて、吉原には遊郭がありました。吉原神社は、その遊郭で働く女の人たちに人気がありました。現在でも、吉原神社は女の人たちに人気があります。

この神社についてくわしく知りたい場合、次の記事をお読みください。

次に使う停留所

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「台東病院」停留所(停留所の番号:17 番)
  • 「南めぐりん」の「台東病院」停留所(停留所の番号:28 番)

これら 2 つの停留所は、同じ場所にあります(台東病院の中)。

浅草に戻る場合、この停留所で「北めぐりん(浅草まわり)」に乗ります。その場合、次のどちらかで降ります。

  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「浅草松屋西」停留所(停留所の番号:24 番)
  • 「北めぐりん(浅草まわり)」の「浅草駅」停留所(停留所の番号:1 番)

上野に戻る場合、この停留所で「南めぐりん」に乗ります。その場合、次のどちらかで降ります。

  • 「南めぐりん」の「台東区役所」停留所(停留所の番号:34 番)
  • 「南めぐりん」の「上野駅」停留所(停留所の番号:1 番)

関連記事

タイトルとURLをコピーしました